SOLAM(ソーラム)から次世代のHID DC46Wが登場!

H.I.Dランプとは?

H.I.Dランプとは?

HIDとは、High Intensity Dischargeの略で、一般にディスチャージヘッドランプとも呼ばれています。 通常ヘッドライトに使用されるハロゲンランプは、ハロゲンガスを封入した密閉容器内で、フィラメントという金属製の芯材が発熱、 発光することで光ります。 HIDにはフィラメントはありません。インバーター・イグナイターユニットという部品で車両の電力(12V)を高電圧(約2万V)にし、 バルブ内の電子と金属原子を衝突させ(アーク放電)、強く美しい光エネルギーを作り出しているのです。 また、フィラメントを持たないため電球が切れるということがありませんので、コスト・パフォーマンスも抜群です。

独自の発光システムを持つソーラムHIDランプの主な特徴として、4つ挙げられます。

・明るさ・・・HIDバルブはハロゲンランプの2〜3倍

・寿命・・・ハロゲンランプの約5倍

・省エネ・・・ハロゲンランプの約1/2。バッテリーの負担も軽減

・注目度・・・透明感のある美しい光を発するため、ひときわ目立ちファッション性にも優れています。

ハロゲンランプとの比較>>>
ソーラムの製品情報>>>

Top

H.I.Dの驚異的な明るさ!

ソーラムH.I.Dランプでは、驚異の全光束3300ルーメンを実現しています。ルーメンとは、光の量を現す単位です。 かたやハロゲンランプはたったの1000ルーメン。 圧倒的な光量で、遠くまで明るくクリアに照らすことが可能なHIDランプの前では、もはや暗闇は敵ではありません。

また、H.I.Dランプではケルビン数のバリエーションもあり、用途、好みによって選択できるというメリットがあります。 ケルビンとは色温度を指す単位であり、明るさではありません。 この値の違いによって光の色に変化が出てきます。

6000ケルビン → 青白い光

4300ケルビン → 白色の光

3000ケルビン → オレンジ色の光

このように、HIDランプでは好きな発光色を選ぶことができるのです。

H.I.Dの驚異的な明るさ!
Top

H.I.Dを点灯させるための基本的な配線

HIDはハロゲンランプのようにバルブ単体で機能するものではありません。通常のバルブでは単にバッテリーにつなげば点灯しますが、HIDの場合バッテリーの12Vをインバーターで85Vまで昇圧する必要があります。ちなみにインバーターはバラスト、イグナーターはスターターと呼ばれることがあるので注意してください。 以下に配線図を示しますので、自分で取り付けを行う方は参考にしてください。

H.I.Dを点灯させるための基本的な配線
H.I.Dを点灯させるための基本的な配線
Top

SOLAM(ソーラム)のご購入情報

SOLAM(ソーラム)次世代型HID DC46Wが新登場!
SOLAM(ソーラム)HIDバルブ・ヘッドライト


バイク用品の取扱店はこちら>>>

今すぐSOLAM (ソーラム)HIDバルブ
バイク ヘッドライトが欲しい方はこちら>>>

(3184のオンラインショップ)